2016/05/22 09:54

P8160111
おはようございます。

水曜日に友人の女性が作業場に遊びに来てくれた。

77歳の現役バリバリな素敵な女性です。

(友人なんて書くと怒られそうですが、俺は密かにそう思っている)

自分が生まれる前に宝塚歌劇団で歌や踊りを学び、卒業後は歌のために単身パリへ。

今でこそ、海外に出たりするのは簡単なコトだと思うけど

半世紀以上前の話だよ、モノクロ映画で見るような世界だったのではないかな。

とてもエネルギーを感じる女性なので、当時は半端じゃなかったと思う!!

舞台ではないけれど、今でも歌を歌っているとのこと。(サイコーだよね)

自分の付き合いの中で、断トツのお金持ちでもあります。

プライベートの写真を見せてもらうと、アメリカ大統領と写っていたり天皇陛下と写っていたり

まるで歴史の授業に出ている錯覚を、、、

いつもは笑ってお話しして帰っていくのですが、水曜日は真剣な仕事に対するお話でした。

彼女曰く

『自分は今まで自分や腕を磨き続けて生きてきた。

知り合いの中でお金や宝石など富を持っている人は沢山いる

持つことは大変だし感心するけど、持っているだけで退屈だわ

磨くコトこそが重要よ。だから頑張って磨きなさい!』

このセリフはカツさんも同じようなコトを言うんだよね。

この言葉はモノ造りの真理だと思うのだけど

全ての意味を理解できていないんだ。

今日も明日も飯を喰わさなきゃいけないしって思っちゃうよ

まだまだヒヨッコだからさ、、、

とにかく、人生闘ってきた人の話は面白いしリアルな教師です!

言葉一つ一つが自分の糧に出来ますよね。

これを読んでくれている人たちにも参考になったらサイコーです!!

お互い自身と腕も磨きましょう!!

さぁ今日も気合い入れて作業に戻ります。

P.S.
写真は当時の宝塚の教本のカバーを造らせていただいたモノ

半世紀前のリアルなモノとの対面できたこと感謝です!